SAKADESIGN

エルゴノミクス

 今日、本屋に定期購読の本をとりにっ行った流れで長々と立ち読みをしていたら、知人に偶然出会った。彼は、イベントや様々な商品のプロデュースとか、グラフィックデザインなんかをしてるマルチな人だ。延々としゃべり続ける人というイメージもある。
 なんだかんだ話をしているうち、彼が表参道ヒルズを例えにエルゴノミクスの話をし出した。
彼によると、表参道の傾斜と建物の通路や階段の傾斜は互いにリンクしていて、なおかつ勾配や階段の寸法がエルゴノミクスを元に緻密に計算されているので、長い回遊式の通路を歩いても、それほど疲れないらしい。
 それが本当にエルゴノミクスを元に緻密な計算が成されているのか確かめようと言う気はおきないし、明日にでも行って確かめようって気にもならないけど(各店舗は気になる)、とにかく使う人への思いやりの気持ちを持ってデザインしろって事だ。彼の話が妙に新鮮に聞こえたのは、やはりまだまだ思いやりが足らないってことだろうか。
 
 明日はS邸の打ち合わせ。図面を見せるのは初めて。二つの案を作ってみた。これを元に、いよいよこの計画が本格的にスタートする。
 思いやり。思いやり・・・・・・・。
d0087902_22448.jpg

[PR]
by k_sakamoto12 | 2006-10-06 22:04