SAKADESIGN

<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

記憶に残る映画 「ダークスター」

d0087902_1451637.jpg
1974年・アメリカ・監督:ジョン カーペンター
「デューン/砂の惑星」を見てこの映画を思い出し、先日十数年ぶりに鑑賞してみた。大学の入学式を終え、大阪での初めての夜に深夜番組で放映されていたこの映画。
 未来の世界、不安定惑星を爆破するという任務を遂行する宇宙船ダークスター。搭載されている爆弾には人工知能がついているが、ストーリーが進むうち誤作動して船内で爆発しようとする。現象論を持ち出して、爆発しないように爆弾を説き伏せる乗組員ピンバック。一時は爆破を取りやめたものの、やがて爆弾は爆破することを決意。宇宙船もろとも爆発する。船外に脱出した乗組員タルビーとピンバック。タルビーはフェニックス流星群に飲み込まれて「輝きにあふれています」とかなんとか言い残して流星とともに広い宇宙に消えてゆき、ピンバックは爆発したダークスターの破片をサーフボード代わりにして惑星へ向かい消滅する・・・というストーリー。
 新しい生活の始まりで期待と不安の入り交じる不安定な精神状態だった自分には、この一連のラストシーンを冷静に受け止めることが出来ず、強烈な切なさと虚無感に襲われて無性に死にたくなった。林に打ち込まれて無くなってしまったゴルフボールのような気分。「ピンバック!タルビー!お前らいったいどこへ行ったんだよー!」と涙した。
d0087902_2591676.jpg
今回見終わって、率直に単純に感動した。これは本当によく出来たコメディ要素満載のシュールなSF映画だった。細かい要素はどうでも良く、キャラの設定やストーリーそのものにも通じている圧倒的なネイキッド感。今の映画にはない完全手作りのキャラやセット、無表情なリズムを刻むカントリーなテーマソング、特殊効果の強烈なチープさ、それらとストーリーのユルさとのマッチング。すべてが相まって独自の世界観をかもしだす。そして2人の乗組員が宇宙の彼方に消えていく一連のラストシーン。今回はさわやかさや美しささえ感じてしまった。その理由をさかのぼれば、師匠に見せてもらったスティービーレイボーンのビデオとの出会いに始まるが、長くなりそうなのでここでは書かない事にする。とにかく今まではあの時の陰な記憶のせいで悪い印象が先攻してたけど、ラストシーンを諸手を広げて受け入れる事が出来たこの瞬間、間違いなく自分の中で押せるSF映画となった。ほんとにかっこよすぎです!
[PR]
by k_sakamoto12 | 2008-01-30 03:45

BOUTIQUE BOND 1/29

今日から松江市に計画していたBOUTIQUE BONDが着工。
気取らない、押し付けがましくない、自然体のお店を目指して設計。約2週間後完成を目指して気合いをいれて向かいます!
d0087902_342154.jpg

[PR]
by k_sakamoto12 | 2008-01-29 22:42

LA BAR 錦町今井書店 1/28

地鎮祭の後、吊り戸棚の下地を仕込みに久々に今井現場へ。本体工事は終盤を迎えて活気づいていた。2月末の検査終了後いよいよ着工。まだまだ未定事項が多いので着工までにスムーズに詰めておきたい。写真は下地入れを手伝ってくれたフクダ電気 福田さんの勇姿。電気工事と全然関係ない事を手伝ってもらいました。すんません!!
d0087902_329617.jpg

[PR]
by k_sakamoto12 | 2008-01-28 03:57

地鎮祭

N邸地鎮祭。強烈な寒さだったが天気に恵まれて、滞り無く式を進める事が出来た。
初夏には、雄大な景色を望む居心地のいい家が出来ているはず。身の引き締まる思いです!
d0087902_3185031.jpg

[PR]
by k_sakamoto12 | 2008-01-28 03:24

正月に見た映画「デューン/砂の惑星」

d0087902_2084354.jpg
1984年・アメリカ・監督:デヴィッド リンチ

正月のテレビ番組は、箱根駅伝以外全く興味が無かったので、何本かのDVDを見ることになった。中でも強烈だったのが「デューン/砂の惑星」。幼い頃レンタルビデオで一度見たうすい記憶の中にあるのは、難解なストーリーと、グロいセットやキャラクター、主人公が身につけていた半透明で、やたら直方体の鎧(?)のような物。とにかく、もの凄く引っかかるなにかを俺の中に残していったこの映画。
大人になって、物の見方や考え方が多少建設的になったので、あの頃とはいい意味で違う作品に見えるのではと思いTSUTAYAのSFコーナーをちんたら歩きながら、あきらかに前向きな姿勢でDVDケースを手に取った。
 鑑賞を終え、やっぱり俺は得体の知れない喪失感に襲われた。まるで、広い宇宙に俺の部屋だけが行く当てもなく漂っているような感覚。このまま死ぬんじゃねーかと。いや、永遠にこの部屋のなかで誰にも気付かれず生き続けるんじゃねーかと。
 なぜ、こんな感情が沸いてくるのか。その原因として考えられるのは、まず半ば強引とも思える速いストーリー展開。もともと原作は小説6部作にも及ぶ壮大なストーリーで、映画という尺では全てを表現するのは不可能といわれ、その当時何人かの映画監督が映画化を挫折したなかで、デヴィッドリンチ監督だけが映画化した。話や登場人物、セットなどが全体的に薄暗い雰囲気のなかで「アルマゲドン」や「インディペンデンス・デイ」以上の速い展開。薄暗い中で、ごそごそ何かが蠢いている画面をずっと見続けていたような感覚。これは落ちる。
次に、グロテスクなセットとキャラクター設定。悪側の皇帝シャダム家とハルコネン家はさることながら、善側のアトレイデス家もモーレツに陰な雰囲気を醸しだしている。考えれば当然のことだった。なにせ監督が「エレファントマン」、「ツインピークス」を生んだデヴィッド リンチ。明快な雰囲気であるはずがない。さらに、この感情に追い打ちをかけたのが、主人公ポール・アトレイデス(カイル・マクラクラン)の悪に対する無慈悲さ。宇宙最強の力を手にし、伝説の救世主「クイザック・ハデラッハ」となった正義の主人公ポールに、「皆殺しだー!」なんて叫ばれては、どちらが正義でどちらが悪なのか分からなくなる。あまりに残虐で残酷。敵側最後の生き残り、ハルコネン家のファイド(スティング)がポールの仕掛けた半ば強引な一騎打ちの末に、喉から頭頂部へむけてナイフで串刺しされ絶命した後、歓喜の内に幕が下りる一連のラストシーンは、トラウマとなって俺の中に生き続けるだろう。

ここまで書いておいて言うのもなんだけど、俺は決してこの映画がつまらないとは思っていない。むしろ面白かった。得体の知れない美しささえ感じた。切なくて儚いものを見たときの感動。もしリンチ監督がこれを目指していたのなら、俺はまんまとはめられてしまったわけだ。
[PR]
by k_sakamoto12 | 2008-01-10 21:20

左官の清水

いつも左官工事をお願いしている清水君が、自作の仕上げサンプルをもって来所。
昨年の忘年会での話、お互いにやりたいことをやっていこうやと言うことで、じゃあいったいそれがなんなのか、どんな物なのか、実物があれば見てみたいと。それを生かすアイデアを俺は絞り出してみるから・・・・という話になり、今日のこの日となった。
 左官仕上げは、コストも掛かるし、工期も長い。しかし、それ風のペンキ仕上げや壁紙はやはりそれ風であって、本物にはかなわない。一番は経年変化による劣化や変色が、味わいや愛おしさと言うプラスの要素になること。それ風の物では絶対にできない。
 サンプルはどれもこれも興味をそそられるものばかり。どう生かすのか、どう施主に価値をつたえ、実現するのか。むずかしい問題だが、どこかで必ず実現したい。
d0087902_8122424.jpg
サンプルの数々。彼は時折県外の有名な左官職人の下へ勉強に行く努力家。ひとなつっこいにやけ顔からは想像もつかない。彼曰く「何でもできるけんな〜、左官は。」マジかよヒデちゃん!
d0087902_8224431.jpg
彼の作った「泥団子」どう見ても泥で出来ているとは思えない。石にしか見えない。
[PR]
by k_sakamoto12 | 2008-01-10 08:24

仕事始め

午前中、協力業者の面々と「糺(ただす)神社」へ初詣。商売繁盛と工事の安全を祈願。
その後、田中家にて昼食以上新年会未満の食事会。しゃぶしゃぶうまかったです!
d0087902_205441.jpg

[PR]
by k_sakamoto12 | 2008-01-07 20:05

明けましておめでとうございます。

 今年も宜しくお願いします!
d0087902_1952549.jpg
2008はモーレツなこの人からはじまりました。
[PR]
by k_sakamoto12 | 2008-01-04 19:54